耳の記憶 目の記憶

Img_0363
*
「懐メロを聞くと脳の働きがよくなる」
そう聞いたけど
はて?私にとって懐メロって何だろう…
*
普段”懐メロ”を聞かないので、
とっさに懐メロと言われても出てこないのですが、
みなさんはすぐに
MY懐かしのメロディ、というものが思い浮かびますか?
*
私にとって何となく懐メロな曲は
EmotionsのBest Of My Loveとか …
YOUTUBEで聞いたら関連動画もすべて懐メロでした。
そのなかにあったこの曲↓
              

Dionne Warwick
That's What Friends Are For

これを聞いた瞬間、30年前のモヤモヤが蘇ってきました。
この曲って、
渡辺美里の”言い出せないまま”
という曲にすごくソックリ。
*
当時、たったの一回
そう思った記憶が
ひょっこり顔を出しました。
*
どうでもいいこんなことに
使っていたメモリ。
*
この気分を解消しないと
メモリを使い続けることになるかもしれない…と検索。
しかし、”似てる”って出てきませんでした。
コードとか言葉を重ねる表現も
すごく似ている気がするんだけどなぁ。
(両方とてもいい曲ですよ)
*
過去から今へ はっきりと真っすぐ繋がる音からの記憶。
耳の正確さに比べ
目からの記憶って、結構曖昧な気がします。
目と耳ってそんなに離れていないのに
脳からの距離が違うのかと思うくらい。
*
目からの記憶は
すぐに書き換わっちゃったり、
気分によって違って見えたり、
いつものそれが突然見覚えのないそれに、
違うものに見えたりしませんか?
*
例えば、いつも見ている漢字…
例えば、「朝」という漢字をずーっと見続けていると
あれ?
朝ってこんなんだっけ?
となりませんか?
*
なりませんか…。

 

| コメント (0)

栗のカンパーニュ 

Img_0361
でましたー栗のカンパーニュ(ブランパン)
秋ですね~
小麦とほんのりラム酒の香り
ゴロンと入った渋皮煮
今日はハーフですが
今度はまるまる買ってしまいそう。
ハーフで400円です。
(これ、お買い得だと思います。)
お近くの方はぜひ、お勧めです~

| コメント (0)

服のアタリを補修

Img_0354
お気に入りの服

クリーニングしたら肩の黒いテープにアタリとテカリが…

だけど、まだまだ着たい!
染色ペンとかファブリコなど布用ペンで補修する?

だけど塗った後のアイロンがけ、しにくいよなぁ…

…買いに行くのも面倒だし

しかし、すぐにやってみたくてうずうず。

思い切って家にある”ぺんてる”油性

(知る人ぞ知る北野天満宮で当たった開運招福ペン)で

塗りつぶし!

Img_0355
ドキドキしながらも試してみたら、

ムラなくきれいに黒くなりました。

凸部は物理的に反射するも
意外にいけるんじゃない?と一安心。

モノを買う前に一呼吸 を習慣にしたら
意外と家にあるもので代用可能なことに気づくこの頃です。


| コメント (0)

友人を選び損ねたギャングの話。

Img_0348

写真は台風一過の夕方。
八事オフィスからの景色です。

台風前に比べ、葉っぱはスカスカ状態、
強風で折れて樹皮一枚でぶら下がっている枝もあります。

外へ出てみると近所の街路樹も何本か倒れていて
想像以上に強い台風だったんだと改めて思いました。

*
吹き荒れる嵐の日に観たのはフランスのギャング映画。
「そして友よ、静かに死ね」です。
実在のギャング、エドモン・ヴィダルの半生を描いたフィルム・ノアール。

あらすじなどは書きませんが、観終わって感じたのは
誰でもどんな環境にいても
”友人を選び損ねると大変”だ…ということ。

人は一旦人を信用してしまうと
なかなかそのバイアスを外せないものなのですね。

小さいころ助けてもらった記憶はこびりつきやすく、
助けたほうの目的なんて考えもしないでしょうし
また、無意識の必要性でかけた色眼鏡は
なかなか外せない場合も。

あの人はいい人、私はあの人を信じる…
誰が何と言おうと私は私の感覚を信頼する…など
さらりと一瞬
耳に心地の良い言葉に聞こえたりしますが
それ、認知の歪みかもしれませんよ、ということです。

自分で感じたことを自分ではなかなか疑えないのもまた事実。

その感覚で老年期を迎え
過ぎ去り年月を憂いても時すでに遅し。

出ていたはずのサインを見逃していたのか、
それとも、無意識で気づかぬふりをしてしまったいたのか。

悪人にとってもタナボタ的な人の信頼という財産があったおかげで
良くも悪くも生き延びて…

映画では気づくきっかけをくれたのが刑事=敵でした。

信頼できると思っている人も
時の流れで信頼できない人に変わっているなんてことも
普通にありますよね。

悪くなった人を悪いと判断できないと
自分に被害が及ぶだけでなく
正しく認知している周りにも迷惑をかけることになります。

過去の認知に縛られず
状況とともに判断するのが大事なんですね。

わたし自身は人を信用するのに時間が必要なタイプで
人に一目ぼれというのも全くありませんが
自分の感覚は正しいと思うところがあるので気を付けなくては…

信用する人を間違えると大変です。

| コメント (0)

GINGER 10月号 タッチB(ラフ)

Img_0277

あれ?回転して直らない…のでこのままで

ジンジャー 幻冬舎
10月号
「肌 髪 心にしなやかさが必要」

イラストの一部↓
077ginger10g0720

Img_0278

イラストのお問い合わせはこちら 

ソフトデザインのHPはこちら
イラストレーターきくちりえへのお問い合わせは
上記HPトップ画面の一番下のバナー または
flow&contactのフォームよりご連絡ください。


| コメント (0)

ESSE エッセ 9月号 通販コスメ連合+睡眠負債 タッチA

Img_0279

通販コスメ連合企画の枠イラストと
睡眠負債テーマのイラスト

タッチA

Img_0281
Img_0282

Img_0292

Img_0293

Img_0294

Img_0295

055hanawakuhabas

055hanawakuharus

↑イラストの枠をたくさん描きました。

イラストのお問い合わせはこちら 

ソフトデザインのHPはこちら
イラストレーターきくちりえへのお問い合わせは
上記HPトップ画面の一番下のバナー または
flow&contactのフォームよりご連絡ください。

| コメント (0)

最近の雑誌等の仕事

Img_0276

●書籍
小顔ワークアウト 木村祐介さん著 ワニブックスより

タッチA

●雑誌
プレシャス Precious 9月号 小学館
・「白髪」と「カラーリング」のこと

婦人画報 9月号 ハースト婦人画報社
・婦人画報婦人科

クラッシィ Classy. 9月号 光文社
・夏のお疲れヘアにご褒美ケアを!
タッチA 4c6点

マキア MAQUIA 10月号 集英社
・小田ユイ子さんのマニアックビューティレポート 
「貼るサプリ」

美的 biteki 10月号 小学館
・うるぷる復活!顔筋コーディネート タッチE

・アルビオンTU 
・FAITH (マスカラ)TU

モア MORE 10月号 集英社
・これが私の恩人美容液

●会報誌

KOYOLIFE 8月号
・shihoさんの美容企画

Mamarche 2018summer
UV企画

イラストのお問い合わせはこちら 

ソフトデザインのHPはこちら
イラストレーターきくちりえへのお問い合わせは
上記HPトップ画面の一番下のバナー または
flow&contactのフォームよりご連絡ください。




靴に負ける足 インソール編

Img_0255

「いつも靴に負けてる足ですね。」

ドイツの某メーカーのシューフィッターさんに言わせると
わたしの足は いつも靴に負ける らしいのです。

靴にまで負けるなんて
なんだか悔しいですが
物心ついたころからずっと泣かされてきた記憶があるから
本当だと思います。

それは靴擦れから始まって
気が付けば血まみれ。
ハイヒールなんて履けたためしがありません。

だからOLなんて人生の選択肢にはありませんでした。

ダンスコを取り扱っていたのも
自分がいろいろと試してみたかったから。
(こちらは扱う時期が早すぎてブームの前にやめてしまいました。
時々、連絡をもらうのですが今はショップはやっていません)

フィンコンフォートさんなどで足形をとって
完全オーダーでインソールを作ったりもしました。
材質が革(+コルクなど)なので、横アーチを固定しても
靴の中で微妙に滑るし硬くて
やっぱり痛い。

もう今はスニーカーメインです。

それでも、純正では履けません。

インソールを重ねたり削ったり工夫しています。

なかなかぴったりの靴探しは難しいですね。

Img_0254

これまで高価なインソールも試しましたが期待外れだったので
市販のインソールもいろいろと試しています。

安いものでも工夫次第で同じレベルにもっていけそうです。

このなかでは一番手前のものが値段の割によかったです。

このペースでいくと、
歩けなくなる頃にやっと見つかった!
ということがありそうで不安です。

わたしのガラス製じゃないシンデレラ靴は何処に。





| コメント (0)

メンズノンノ 9月号 (レスポートサックコラボ号)

Img_0260_2




集英社
メンズノンノ 9月号
サンダル足特集で少しだけイラストを描かせてもらいました。

そういえば今、集英社11誌でレスポとスペシャルコラボしていたんだ!と
見本誌の付録にテンションあがりました。
一番欲しかったメンズノンノのシンプルネオンカラー!
(ちょこっとしか描いていないのに申し訳ない気も…)

Img_0261_3

バイラのカーキピンクもウオモのブラックもいいし
このネオンカラーもやっぱり素敵。

カジュアル好きなら買って損はない号だと思います。

Img_0262

私はメンズのファッションのほうが好きで
今回のメンズノンノも楽しく拝読。
個人的にはスニーカー特集と今欲しいBAGのSページがよかったです。

ぜひお見逃しなく!



イラストのお問い合わせはこちら 

ソフトデザインのHPはこちら
イラストレーターきくちりえへのお問い合わせは
上記HPトップ画面の一番下のバナー または
flow&contactのフォームよりご連絡ください。





| コメント (0)

日経WOMAN 8月号 ビューティ タッチB

Img_0138

日経ウーマン

8月号 8つの肌悩み別「1分間リカバリーテク」

タッチB

061nikkeiwoman8g0622

イラストのお問い合わせはこちら 

ソフトデザインのHPはこちら
イラストレーターきくちりえへのお問い合わせは
上記HPトップ画面の一番下のバナー または
flow&contactのフォームよりご連絡ください。


| コメント (0)

婦人画報 8月号 猛暑の冷え タッチA

Img_0139

婦人画報 8月号

タッチA

猛暑の「冷え」で女の体は3歳老ける

056fjngh8g0607

イラストのお問い合わせはこちら 

ソフトデザインのHPはこちら
イラストレーターきくちりえへのお問い合わせは
上記HPトップ画面の一番下のバナー または
flow&contactのフォームよりご連絡ください。



| コメント (0)

最近のイラストの仕事 タッチB 

Img_0134

バイラBAILA 8月号
髪とワンピースだけで、キレイになる

タッチB

アッププラス UP puls
7月号
全身つるすべ美肌

タッチB

ドクターシーラボ シーラバー(会報誌)
シーラバーpremium 
フレッシュハーブの香りをまとう
アロマエッセンスシート 二次使用
タッチA

Img_0133

058baila8g0610

イラストのお問い合わせはこちら 

ソフトデザインのHPはこちら
イラストレーターきくちりえへのお問い合わせは
上記HPトップ画面の一番下のバナー または
flow&contactのフォームよりご連絡ください。


| コメント (0)

たまごクラブ 7月号 男の子女の子 タッチB(Bラフ)

Img_0140

たまひよ
ベネッセ
たまごクラブ 7月号

男の子、女の子大解説!!

大量に描きました。

イラストの一部

047tamagoichibu
Img_0141
Img_0142
Img_0143
Img_0144
Img_0145

イラストのお問い合わせはこちら 

ソフトデザインのHPはこちら
イラストレーターきくちりえへのお問い合わせは
上記HPトップ画面の一番下のバナー または
flow&contactのフォームよりご連絡ください。


| コメント (0)

LEE 7月号 エクオールTU タッチE

Img_0128

集英社
LEE 7月号
エクオールTU

タッチE

Img_0129Img_0130

イラストのお問い合わせはこちら 

ソフトデザインのHPはこちら
イラストレーターきくちりえへのお問い合わせは
上記HPトップ画面の一番下のバナー または
flow&contactのフォームよりご連絡ください。


| コメント (0)

日経ヘルス 提携誌 中国版 「健康与美容」

Img_0135

日経ヘルスの提携誌
日経ヘルスの中国版のようなものだそうです。
記事の再使用です。

Img_0136Img_0137

イラストのお問い合わせはこちら 

ソフトデザインのHPはこちら
イラストレーターきくちりえへのお問い合わせは
上記HPトップ画面の一番下のバナー または
flow&contactのフォームよりご連絡ください。


| コメント (0)

「限界団地」と「ぼくのエリ」(ネタばれあり)

Img_0148

ひさしぶりにTVドラマをみました。

「半分、青い」など話題になってるドラマじゃなくって
「限界団地」という佐野史郎さんが主演のドラマです。

たまたまつけたら
山崎樹範さんが自治会長役を好演というか怪演していて
思わず最後までみてしまいました。

見事なテンションの佐野史郎さんと
他の役者さんとをつなぐバランスで
さすがプロだなぁと。

一話目のセリフ
「それは愛じゃなくて依存」というのが
セリフとしては違和感を感じたけれど
最終話までみて納得。

同時に、スウェーデンの映画
「ぼくのエリ 200歳の少女」を思い出しました。

愛に似た粉をまぶしたふるまいで
相手を依存させ捕食。
限界が見えて来たら、
その関係はTHE END。
…そしてきっとループ。
だって、私が生きる事が一番大事だから。
だって、ヴァンパイアだから。
という空恐ろしい物語でしたが、
なぜか日本では(?)純愛のように宣伝されていて、
謎です。

「限界団地」最後のシーン。
実は孫の”ほのかちゃん”のほうが、生き抜くため
人をコントロールし
人を自分に依存させていたのかも?というホラー。





| コメント (0)

ナイロンバッグ SUSAN BIJL/JULY NINE

Img_0126

「超軽量」

カバンやポーチを選ぶ際には、
まずはこれ、「超軽量」。

部屋にモノがたくさんあると、
その場所分「家賃」を払うのが嫌。
っていうのと同じ合理主義的感覚で
そもそも運ぶためのバッグは重くないほうがいいよね…
という、オシャレ心は二の次に格下げになった40代。

もう、重いバッグには戻れなくなってしまいました。

JULY NINEの白は
人気のSUSHISACのハイエンドモデル。

「シークウェルSEQUELS」

ヌメ革が持ち手で人気があるほう”ではないほう”です。
人気があるほう、は見た目は可愛いのですが
すぐに中身が出てしまいそう。
すぐに掏られそう。
ということで、ジッパー付きにしました。
斜め掛けして手ぶらでラクちん。
機内持ち込みにもちょうどよかったのでお気に入りです。

ショッピングバッグとポーチは
おなじみ「スーザンベル」

カラフルなのも心魅かれますが
結局この二つが出番が多い気がします。

ポーチはたったの20gなんです。
家に帰ってきて、ポーンと置きっぱなしでも
ベーシックな色なので違和感なし。

カラフルな色ももちろん好きなのですが
疲れて帰ってきて、すぐに片づける気にならず
おきっぱなしになると(バイカラーなので)
どうしても色が目立って気になってしまい
心がゆっくりできなくなってしまいます。

ショッピングバッグの方のベースカラーは
所謂”紙袋”の色なので、それもまた可愛いのです。





| コメント (0)

暑中お見舞いと近況

Img_0106

暑中お見舞い申し上げます。

太陽を避けて、夜の散歩にでかけていますが
月がとってもきれいです。

*

雨が降ったら
ベランダをデッキブラシでゴシゴシしたいと思っているのに
なかなか降ってくれません。

ベランダよりも気になるのがエアコンです。
毎年、プロにお掃除は頼むのですが
連日の猛暑で昼夜問わず2週間つけっぱなし…

もともと効きの良いHITACHIのPAMエアコンで
リビングダイニングから浴室、寝室、玄関まで一台で
まるごと冷やすのですが、
設定温度を29度にしても寒い。

今日は30度にしているのですが、やっぱり冷えます。

つけっぱなしの効果なのか、壊れているのか…

*

少し前までは、年末に近づくと
「大掃除特集」が組まれていましたが
最近では、この時期から"年末の大掃除を減らそう"という趣旨の
お掃除企画をよく目にするようになりました。

まさに今そんなイラストを描いています。

*
まだまだこの暑さは続きそうですが
どうぞご自愛しお過ごしください。






| コメント (0)

何故、外に出る?

Img_3073

普段TVをあまり見ないから知らなかったけど
お隣の市では、熱射病で子どもが亡くなったとか。

大人が、しかも、学校の先生がいるのに、
体力的に強い子どももいれば、弱い子供もいるのに、
誰でも暑いってわかるのに、
なんで?

体でSOS出しているのに…

炎天下の人文字とかなんなの?

うながっぱ は ぬいぐるみ だけでいいじゃん。

判断できないのは、システムのせいにしていない?

前回のブログで、もともと体力のない私は
暑い日や雪の日には
危険を感じて会社に行かなかった話しを書いたけど
小学生はそんな判断できないよね…

ちなみに会社に行かなくて、責任をとるのは自分です。

危険を感じる程の暑さなら
極力外出しないこと、ってそんなに変じゃないでしょ?

*
東京の人から 
(予報よりも体感のほうが)名古屋にくると暑いよ~と言われます。

多治見が40度越えってよくTVで言われますけど
名古屋もそれくらい暑いんですよ。
測る場所を知ってもらえれば納得できると思います。

栄や名古屋駅周辺で測っていません。
気象台は名古屋の東、緑の多い丘陵地にあります。

過去記事↓
http://softdesign-shop.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-fd40.html





| コメント (0)

猛暑のひきこもり

Tajimimjum

暑過ぎて、ひきこもりの今日この頃ですが
みなさまはいかがお過ごしでしょうか。

外の熱気に殺気を感じるのは私だけではないはず…

写真は数年前の本日。
炎天下でもお出かけしていたのが嘘のようです。

黒ニンニクを毎日1かけづつ
2カ月程試してみましたが、夏の暑さには敵いません。

ひきこもりですが、家事はたくさんあります。

水浴び大好き、汗が嫌いな夫は
この季節、毎日4回は着替えます。
洗濯ものだけみると成人何人家族?と思われるでしょう。

あ、これ、文句じゃないですよ。
わたしも2.3回着替えますし
夫にはじゃんじゃん着替えて欲しいと思ってます。
さっぱり仕事できたらそれに越したことないので。

「猛暑のひきこもり」ができる仕事。

わたしが、フリーランスを選んだ理由の一つでもあります。

こんな猛暑日、そして大雨や雪の日、
体力のない私が無理して会社に行ったところで
どれだけ成果に繋がるの?
リスクの方が多いよね?
実際、家でやった方が早くない?
だいたい社でしかできないことって少ないよね?
ダイバーシティという割に柔軟さが無いよね?
と言ったら、全く共感してもらえなかった私は
そもそも、フリーランス向きだったのだと思います。

最近では減ったと聞きますが、
天候が悪いのに無理して出社させる会社って
どうかと思います。
会社まで行かなくても可能なことってあります。

仕事にもよりますが、会社に行ってやる仕事ばかりと思えません。

確かに、会社員のほうが安定しているから
心の安心は得られると思います。

でも、大企業も簡単に潰れてしまう世の中になりました。
本来「安心」なんて一瞬の過去なのかもしれません。

日本人は「安心」が好きだから、というけど
江戸時代に日本人は少なかったの?
今みたいなフリーランスと呼ばれる働き方の人の方が
多かったと聞きます。

自家熱中症になりそうなので、このへんで。






| コメント (0)

«スポンジワイプ